top of page
検索
  • 執筆者の写真Naoko Yamashita

【英語のお悩み〜can とcan’tの違いが聞き取れません〜】

クライアント様から

よくご相談を受けるお悩みの1つは

「canとcan'tの聞き分けができない」

です。


この2つの聞き分けは

難しいですよね!


否定形の「can’t」の最後の「t」

が聞こえるかを頼りに

判別しようとしても、

残念ながら聞き取れません。

この「t」は聞こえないことが

多いからです。


ではどのように判別するか?

ですが、

通常の会話では、

canなどの助動詞は 弱く発音されます。

canはカタカナで書くと

「クン」や「ケン」と

という音になります。


一方、否定形の「can’t」の場合は

否定形であることを

強調するために

「a」の音が長めに

強く発音されるため

「キャァンッ」

のような音になります。

I can swim.

I can’t swim.


では全く違う意味に

なりますから

正しく聞けて、

言えるように

なりたいですね。


このcanとcan’tの聞き分け

トレーニングにピッタリな

曲がJazz Chants の

「I can't do it」。 Jazz Chantsをご希望の クライアント様には

「can」と「can’t」

のリズムの違いを

感じながら

体得していただいています♫




コメント


bottom of page