検索
  • Naoko Yamashita

TOEICは○○○○の宝庫!

TOEICは「ビジネス英語」というイメージが強いようです。 確かにビジネスシーンの設定は多いかもしれませんが、実は生活に密着したシチュエーションも多く「日常会話の宝庫」だったりします。

出てくるシチュエーションの例としては、

交通機関のトラブル、

家電の故障、

空港のアナウンス

リフォームの相談

スーパーの店内放送


などなど。普段の生活でも遭遇するシーンですね。

TOEIC L&Rはマークシート形式のテストなので「解いて終わり」になりがちですが、それではもったいなくて、スピーキングにも活用できる優れた素材だと思います。

クライアントさんにそのことをお伝えすると「そんなふうにTOEICを見たことはなかった」とおっしゃる方が多いです。

リスニングの英文を「これが言えるかな?」という視点で見つめてみると、聞けても言えない、、ということに気づきますし、単語やフレーズの定着度合いも高まります。

Jay早川先生のお言葉ですが「リスニングは誰かのスピーキング」ですから活用しない手はないですね!


写真は長男が情熱を燃やしているレーシングゲーム。

ある模試のPART3を解いていた時、レーシングゲーム好きの息子とお母さんが登場し、 デジャヴ?となりました。この夏休み、親子対決をしましたが母さんかないません。。 スコア取得を目指しながらも、TOEICに散りばめられている「こんなシーン、あるよね!」というトピックとの出会いを楽しみながら、使える表現を身につけていきたいですね♬